2019年10月17日 (木)

第7回ふれ愛交流クラブ

10月9日(水)第7回ふれ愛交流クラブを行いました。

今回は「昔の遊び」クラブ。

コマ,お手玉、けん玉、竹とんぼなどを地域の皆さんと一緒に楽しむ企画です。

 

お出迎えの様子。この日は地域の方がたくさん来てくださいました。

Pa093692

 

体育館に移動しルール説明。

司会進行もすべて小学生全員で役割分担をして行います。

Pa093693

 

それぞれのブースに分かれて昔遊びを楽しみます。

先生が糸を持ってきてくれたので、あやとりもしました。

Pa093694

 

地域の方による書き損じハガキを使ったメンコ作り講座も!

盛りだくさんな内容で楽しい時間を過ごしました。

Pa093696

 

 

今回は14名の地域の皆さんが来てくださり、

目標100人に大きく近づきました!

たくさんのコメントもいただきました。ありがとうございました。

Photo_20191017092001

 

次回は10月23日(水)ふうせんバレークラブです。

地域の皆さまのお越しをお待ちしております!

Pa163820

※今回のふれ愛交流クラブの様子をサドテレビさんに取材して頂きました。

10月17日(木)17:30~ニュースアイランドの番組内で放送予定です。

再放送:10月17日(木)20時、21時、22時/10月18日(金)6時、7時、10時、12時

佐渡島内にお住まいの皆さま、ぜひご覧ください!

(番組内容は変更になる可能性があります。)

小学校マラソン大会

10月10日(木)松ヶ崎小学校のマラソン大会がありました。

当日は気持ちのいい秋晴れになり、地域の皆さんも応援に駆けつけてくださいました。

Pa103716

全学年同時にスタート!

Img_5816

マラソン大会のコースは学校の周りを一周するコースになっているので

沿道でも地域のみなさん、保育園のお子さんたちが応援してくれていました。

  Photo_20191016120401

「がんばれー!」という声援を受けながら、

ゴールまで全力で走り抜きました。

Img_5821 

全員がリハーサルよりもタイムを縮め、

中には昨年のタイムより2分も速くなった人も!

自分への挑戦。みんなよく頑張りました。

第2回鼓童研修生との交流会

10月8日(火)鼓童研修生との交流会がありました。

春に鼓童研修所にて交流会を行い、今回は松ヶ崎中学校での開催でした。

中学生はこの日のためにたくさん準備をしてきました。

Simg_0964_20191011114001

研修生のみなさんが到着!生徒、教員全員でお出迎えをします。

 Simg_0965

 

交流会の最初は書道からスタート。

体育館でそれぞれ思い思いに筆を動かします。

Simg_0973

この日の作品は11/3(日)松ヶ崎小中学校の文化祭で展示します。

どんな作品ができたか楽しみにしていてください。

 

書道の後は小学生も合流し、研修生の皆さんによる演奏を聴きました。

迫力のある太鼓の音が校内に響き渡ります。

Simg_0995

演奏の最後には太鼓の音に合わせた「じゃんけん列車」ゲームで盛り上がりました。

  Simg_1034

 

研修生2年生の皆さんによる講話。

夢に向かって頑張っている先輩のお話は

中学生にとって自分の将来を考えるいい機会になりました。

Simg_1103  

 

研修生の皆さんと給食を食べた後は体育祭!

中学生が考えたゲームや松ヶ崎伝統の陣取りをして盛り上がりました。

Sdsc05524

 

最後は鼓童研修生の皆さんと合唱の練習をし、小学生の前でミニ発表会を行いました。

Sdsc05562

盛りだくさんの内容でしたが、あっという間の1日でした。

また次回皆さんとお会いできる日が楽しみです。

鼓童研修生の皆さんありがとうございました。

Dsc05542_20191011115901   

 

地域の皆さんとの昼食会&ソフトバレーボール

10月5日(土)は秋の学校林作業を予定していましたが、

残念ながら台風の影響で中止になりました。

学校林作業はできませんでしたが、地域の皆さんにお集まりいただき

一緒に給食をいただきました。

Dscn4064

Dscn4068

その後、地域の皆さんとソフトバレーボールを行いました。

Simg_0868

Simg_0871

地域の皆さんと汗を流し、いい交流の機会になりました。

参加してくださった地域の皆さんありがとうございました。

2019年9月26日 (木)

福祉高齢者疑似体験

9月19日(木)小学校で高齢者疑似体験出前授業がありました。

体に装備をつけて高齢者の体の動く範囲や見える範囲を体験します。

Dsc02231

いつもは走って登り降りできる階段も、装備をつけたらとても大変。

体が動かないことに加え、視野も狭くなっているので人の助けがないと登り降りできません。

Dsc02249

0919-14

車いすに乗る体験、押す体験も行いました。

普段気にならない段差も車いすではなかなか上がれません。

Dsc02261

 

指も動かしにくく、字を書いたりはさみで紙を切るのも一苦労。

Dsc02262

Dsc02235

普段何気なくやっている動作が

高齢者の方にとってはとても大変なことであったり、

少しの段差も車いすの方にとっては大きな障害物であることを

疑似体験を通して学ぶことができました。

第6回ふれ愛交流クラブ

9月11日(水)のふれ愛交流クラブは「ドッジボールクラブ」。

2学期最初のクラブ活動も全員で準備を頑張りました。

0911-15

0911-12

 

地域の方が来る前に全員で打ち合わせ。

ルールなどを確認します。

0911-19

 

地域の方々が来てくださり、ドッジボールスタート!

大人も子どもも関係なし、本気の対決です。

0911-25

0911-31

地域の方にも楽しんでいただき、熱いドッジボール対決は終了。

0911-10

2学期も地域の皆さんに楽しんでいただけるよう、

小学生が様々な企画を用意しています。

P9173658 

次回は「昔の遊び」クラブです。

地域の皆さん、ぜひ次回もお待ちしております!

2019年9月 6日 (金)

大学生と佐渡の未来について考える

先日、地域で活動していた専修大学の学生さんと小学生が話し合い、考える時間がありました。

テーマは「佐渡のこれから」について。

このテーマは小学生全員で話し合い決定しました。

P8303539

小学生は日頃からP4Cという対話方法を用い、道徳の時間などで話し合いをしています。

P4Cとは「子どものための哲学 philosophy for children」の頭文字から作られた略称で、

子どもたちが安心して対話に参加できること、不思議だと思うこと心を大切にする対話方法です。

 

大学生のみなさんから、外からの目線で佐渡の印象や意見を聞くことができました。

始めは大学生と教員も交えての意見交換でしたが、終盤は小学生による熱く、深い議論が繰り広げられました。

一人一人が地域の未来を考え、将来の夢も語り、これは佐渡でもできるんじゃない?という提案など

1時限の短い時間の中でたくさんの意見交換ができました。

P8303542

ここまで深い対話ができるのは、互いの考えを尊重し合う学校風土、

そして子どもたちの地域への愛があるからこそだと思います。

自分のふるさとについて考える、そして島外に住む大学生と意見を交わす貴重な機会になりました。

 

子ども鬼太鼓発表会

8月30日(金)小中合同の子ども鬼太鼓発表会がありました。

当日の午前中は大雨でしたが、午後には雨も上がり

多田保育園、まつさきの里のみなさん、たくさんの地域の方々が見に来て下さいました。

0830-11

発表会までの間、小中学生は各集落ごとに地域の皆さんと練習を行い本番に臨みました。

松ヶ崎小中学校区には6集落あり、鬼の打ち方、笛、太鼓のリズムも違います。

それぞれの集落の鬼が一度に見られるので違いも分かり、

地域の皆様にも喜んでいただける、歴史のある学校行事です。

今年は6集落のうち、5集落の鬼を披露しました。

 

松ヶ崎

Img_2469

丸山

Img_2506_20190903164901

浦ノ川内

Img_2526

岩首

Img_2568

多田

Img_2611

終始盛り上がりをみせた令和最初の子ども鬼太鼓発表会。

地域の皆様ありがとうございました。

2019年9月 1日 (日)

トライアスロンボランティア

9月1日(日)佐渡国際トライアスロン大会が行われ、

多田WSにて松ヶ崎中学校の生徒がボランティアとして参加しました。

Dsc05175

自転車で走ってくる選手に飲料ボトルを手渡します。

Dsc05184

 Dsc08332

 002

Dsc08411

選手の皆さん一人一人に声をかける生徒たち。

163 

017

Dsc08392

地域の皆さんと一緒に協力しながら、そして選手の皆さんに喜んでもらえるよう、

それぞれが工夫しながら積極的にボランティア活動を行っていました。

096 

113 

033 

暑い一日でしたが、選手のみなさんの頑張る姿、挑戦する姿に元気と勇気をもらいました。

 選手の皆さん、運営・ボランティアの皆さんお疲れ様でした。

2019年8月29日 (木)

柿の摘果作業

8月29日(木)小学校で柿の摘果作業がありました。

P8293505

5月に摘蕾をした柿の木を確認し、

変形してしまった実や傷がついている実、

日焼けしている実などを落としていく作業です。

P8293506

今回は地域で活動している専修大学の学生さんと一緒に作業を行いました。

0829-20

手の届かない高いところの作業も頑張る3,4年生。

P8293513

5、6年生は3回目の摘果作業。さすが慣れた手つきで作業をしていました。

P8293520

東京から来てくれた大学生の中には「初めて柿の木に実がなっているのを見た」という人もいました。

柿を育てる体験ができるのも佐渡ならではの教育活動です。

秋の収穫が楽しみですね。

冨井ファームさんありがとうございました。

«まつさきの里ボランティア