2024年4月30日 (火)

避難訓練を行いました

 4月24日(水)に避難訓練を行いました。給食室から出火した想定で、体育館に避難しました。消防士さんからは、「火事や地震など災害が起きたときには、机の下に入ったり、頭を守ったりすることも大切ですが、しっかりと放送を聴くことが大事です」と命を守るために必要なことを話していただきました。その後、中学生と小学4~6年生が訓練用の水消火器を使いました。消火器の重さや行程に手間取りながらも、ピンやホースを外して的に向かって放水しました。訓練後の振り返りでは、「姿勢を低く、『おかしも』を守りたいと思います。」、「放送を聴くことの大切さが分かりました。」と話してくれました。今後も避難訓練や防災教育を行い、避難の仕方や二次災害の予防など、子どもたちの安全意識を高められるようにしていきます。

Img_0042 Dsc_4505 Dsc_4529

 

| | コメント (0)

2024年2月27日 (火)

令和5年度松ヶ崎小中学校株主総会

 21日(水)に松ヶ崎小中学校「株主総会」を行いました。当会では、今年度も引き続きご指導いただいている戸田先生をはじめ、多くの来賓の方や、お世話になっている地域の「株主」の皆様にお集まりいただきました。お集まりいただいた皆様から、「シン・株式会社松ヶ崎小中学校」の成果をもとに、質問やご指導をいただきました。


 はじめは、小学校3・4年生の発表でした。小学校3・4年生は「松ヶ崎の宝物探し」をテーマに1年間取り組んできました。塩作りや漁師体験で初めて知ったことや自分たちで調べて学んだことを、クイズを交えて紹介しました。なぜ「宝物」という表現にしたのかという質問に対し、「松ヶ崎にとって大切なものだから」と自分たちが見つけてきた素敵な宝物をしっかりと伝えることができました。

 5・6年生は、中学生と一緒に「シン株式会社松ヶ崎小中学校」の「社員」として、1年間自分たちが取り組んできたことを発表しました。2030年の松ヶ崎が「夢がもてる、叶えられる松ヶ崎」になるように、松ヶ崎の自然をイメージしたスイーツを試作したり、松ヶ崎の素敵な場所をブログで発信したり、鬼太鼓のTシャツを作ったりと、3人がそれぞれ成果を発表することができました。地域の方や来賓の方々からアドバイスも頂き、来年度の総合的な学習に向けての意欲にもつながった会になりました。

 休憩を挟んで、中学生の発表が始まりました。

 「株式会社松ヶ崎小学校」時代から事業を継続している「昆虫博部」。子どもプロと連携して、島留学希望家庭にツアーを敢行する「ツアー班」。地域の民泊受け入れ数を増やし、松ヶ崎に宿泊できる場所を増やそうとしている「民泊拡大プロジェクト」。地域の食に注目して、新たな付加価値を生み出そうとしている「塩班」と「柿班」。5つのプロジェクトが今年度の成果を発表し、来年度以降に向けた地域への協力の呼びかけを行いました。

 どのプロジェクトも「夢がもてる・叶えられる松ヶ崎」という2030年の目標と結びつけて自分達の取り組みを紹介することができ、「株主」(地域・保護者)の皆様にも松ヶ崎の未来を思い描いていただくきっかけになったことと思います。来年度以降も引き続き、松ヶ崎の未来に向けて一人一人が取り組んでいきます。「株主」の皆様、これからもよろしくお願いいたします。

Dsc_2501 Dsc_2549 Dsc_2614 Dsc06320

 

| | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

熱中!なわとび記録会!

 26日(金)になわとび発表会を行いました。短縄では、1分間でどれだけ跳べるかを計りました。前跳びや後ろ跳びなどの基本的な技だけでなく、あやとびや二重跳び、サイドクロスに挑戦する児童の姿も見られました。目標としていた100回の大台を超え、大喜びしている子どももおり、練習の成果を発揮することができたと思います。

 大縄では、2分間で何回跳べるかを計りました。序盤は感覚が思い出せず、縄の音をしっかりと聞いてから、タイミングを合わせて跳ぼうとしていましたが、1分経った頃から連続して続けられるようになりました。1年生から6年生が一緒に取り組む中、誰も引っかかることなく連続して跳べた周もありとても素晴らしかったです。2分間で84回を記録し、今までの記録を更新することができました。

 閉会式では、頑張った自分、そして友達の頑張りを認め合いました。応援に来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

Img_3573 Img_3582 Img_0371 Img_0393

| | コメント (0)

2024年1月17日 (水)

第3回鼓童交流会

 1月12日(金)、3・4時間目の時間に、第3回鼓童交流会(鼓童お別れ会)が行われました。今回の鼓童交流会は、お別れ会ということで、この冬に鼓童研修所を卒業する2年生との交流会を行いました。中学生は、この日に向けて、研修生へのプレゼントやスライドショーづくりを文化祭後から準備を進めてきました。

 当日、私服に包まれいつもと違った雰囲気の研修生をお迎えし、すぐに思い出スライドショーを披露しました。その後、3年生から感謝の言葉を伝え、プレゼントを贈呈し、最後に応援団のエールで中学生からの発表を締めました。中学生のどの取り組みにも、素敵な反応を見せてくれた研修生。感動的な瞬間がたくさん見られました。

 その後、研修生からも松中の3年生に色紙と手作りケーキがプレゼントされ、中学生は大興奮でした。研修生企画の「太○の達人ゲーム」では、ゲーム感覚で太鼓を叩きながら、最後は鼓童の曲も一緒に演奏することができました。

 年に3回の交流会。1度目は研修所でおもてなしを受け、2度目は松中でおもてなしを行います。今回の3度目の交流会では、短い時間の中に、お互いの思い出を詰め込みながら、もてなし合う素敵な時間になりました。「3年間で1番思い出に残る会になった。」と3年生が感想を言っていましたが、我々職員もまさにその通りだと思える時間でした。

Dsc_1493 Dsc05715 Dsc_1270

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

3学期が始まりました

 3学期が始まりました。始業式では代表の児童・生徒が3学期の目標を語りました。「1つ目は音読をすらすら読めるように練習したいです。2つ目はなわとびが始まるから、2重跳びができるようになりたいです。」と1年生は話してくれました。また中学生は卓球について、「目標達成シートを自分で書いてみて、不十分なところを改めて感じました。残りの大会でよりよい成績が残せるように技の精度を磨き、今までの練習を無駄にしないようにしていきたい。」と話しました。是非自分の目標が達成できるように頑張ってほしいです。

Img_7641Dsc05577

 3時間目にはそれぞれの学年に別れて小中合同百人一首大会を行いました。日々の学習や冬休みの練習の成果を発揮し、1枚でも多く取れるように一生懸命取り組みました。普段の練習よりも多く取れて達成感を感じている児童生徒もいれば、もう一回やりたいと悔しさを滲ませる児童生徒の姿も見られました。4時間目は小中合同書き初め大会がありました。小学校低学年は硬筆を、中学年以上は毛筆に取り組みました。お手本を見ながら一文字一文字丁寧に「とめ」「はね」「はらい」に気を付けて、書くことができました。

Dsc05605Dsc05601Dsc_1201 Img_7680      

| | コメント (0)

2023年12月12日 (火)

KST(課題解決型職場体験)の発表会を行いました!

  12月6日(水)、5時間目の時間に、中学2・3年生が9月に参加してきたKST(課題解決型職場体験)の発表会を行いました。この発表会では、体験させていただいた事業所の方や、小中学生に対し、職場体験中に各事業所から与えられたミッションへの自分達なりの答えをパワーポイントで発表しました。

 生徒達は、佐渡総合病院さん・たびのホテルさどさん・リンデンさんの3つの事業所に2人1組で職場体験に参加してきました。どのグループの発表を聞いても、受け身で体験してきたのではなく、与えられたミッションを解決するための方法はないか、よく考えながら参加してきたことが伝わるすばらしい発表でした。また、発表会に参加した小学6年生や、中学1年生も積極的に質問や感想を発表してくれたため、より充実した会になりました。

 発表会に参加してくださった事業所の方からもたくさんの称賛の声をいただきました。事前学習から当日の体験活動、今回の発表会まで半年以上の時間をかけてきたKST(課題解決型職場体験)を良い形で終えることができました。

Dsc_0621 Dsc_0686

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

新潟県中学校新人卓球大会

 12月3日(日)、小千谷市総合体育館を会場として行われた、新潟県中学校新人卓球大会に3名の生徒が参加してきました。この大会は、11月3日(土)に行われた下越地区中学校新人卓球大会で勝ち上がった生徒が進める上位大会です。

 参加生徒は、前日に学校で仲間達と練習を行い、温かい声援で学校を送られてきました。佐渡から新潟へ、そして新潟から小千谷へと長い移動を経ての大会参加となりましたが、自分達らしく試合を行うことができました。

 結果は、1名の生徒が2年女子の部でベスト32に残り、さらに上位の大会への参加資格を得ることができました。残念ながら、今回は上位への参加資格を得られなかった生徒も、時間の許す限りレベルの高い試合を観戦し、「自分もあのレベルで戦いたい!」と心を燃やしていました。これからがますます楽しみな卓球部です。

 また、今回の大会参加にあたり、保護者の方や職員から差し入れをいただきました。たくさんの応援をいただきありがとうございました。

Dsc05150

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

人権について考えよう

 11月29日(火)に人権擁護委員協議会の方に来ていただきました。誰しもが幸せに暮らせる権利である「人権」が侵害されるという内容のDVDを見て、登場人物に寄り添いながら考えました。実際にいじめられていた子を見た経験がある児童は、「その時は怖くて何もできなかったけど、もし今後いじめられている子を見かけたら、進んで一緒に遊んであげたいです。」と、自身の行動を反省し、いじめられている子の人権を守りたいという思いをもちました。また、「自分がいじめをしているつもりはなくても、相手は悲しむかもしれないから、言ってもよい言葉か考えて話すようにしたい。」と、人との関わりの中で大切にしたいことを改めて考える児童もいました。

 言葉としては知っているけれど、説明するときには悩んでしまう「人権」について、深く考えるよい機会になったと思います。今日子どもたちが蒔いた人権の種が芽吹くことを期待します。

Img_7504Img_7509Img_7515 

| | コメント (0)

2023年11月22日 (水)

たたこう館にやってきた!

 17日(金)に太鼓体験交流館に行きました。太鼓を何度も触ったことがある児童が多かった一方で、初めて太鼓に触るという児童もおり、バチの持ち方など確かめながら楽しく太鼓を打つことができました。叩いた時の一人一人の太鼓の音色が違うことや、力強く太鼓を叩くと、遠くの太鼓からも音が響くことに気付き、驚いていました。最後は「やまいも君」「ぶたばなちゃん」の大きな2つの太鼓にふれました。太鼓の魅力をたくさん感じることができた体験になったと思います。

Img_0158 Img_7414 Img_7408 Img_0187

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

心を一つに

 11月7日(火)の午後、アミューズメント佐渡を会場として、佐渡市中学校音楽発表会が行われました。先日の文化祭に引き続き、1ヶ月以上練習してきた「越えてゆけ」「地球星歌~笑顔のために~」の2曲を披露してきました。

 午後の部の合唱では、トップバッターとして登場した松ヶ崎中学校でしたが、1人1人が自信をもって堂々と声を出して歌ってくれたおかげで、少人数とは思えない響きのある合唱を披露することができました。終わった後、他の学校の先生方から「今年も凄かったね。」と称賛の声も多数いただきました。

 また、普段聴くことのできない、他校の吹奏楽や大人数での合唱を聴くことができ、大満足な様子が見られました。芸術の秋にふさわしい1日になったと思います。

Dsc_6070

 11月8日(水)にアミューズメント佐渡で音楽発表会が行われました。松ヶ崎小学校を含めて7つの学校の演奏が行われ、初めて聴く他校の発表にうっとりとする児童の姿が見られました。発表の中では聴いたことのある音楽もあり、体でリズムをとる児童や迫力のある音に圧倒される児童も見られました。待ちに待った本番では、今までの練習よりも大きな声で歌い、心を一つにした演奏をすることができました。

 演奏を終えて児童は、「ステージに上がるとたくさんの人がこっちを見ていたので緊張したけど頑張りました。」「友達の演奏を聴きながら行うのと指揮を意識して頑張りました。」と一生懸命に練習してきた演奏を振り返りました。

 お忙しい中来ていただいた保護者の皆様、大きな拍手とご声援をありがとうございました。

Img_2802

| | コメント (0)

«150周年を迎えました