« 道路工事見学に行ってきました | トップページ | 情報モラル教育講演会 »

2021年10月26日 (火)

幼小中合同避難訓練

10月25日(月)、松ヶ崎小中学校と多田保育園の合同避難訓練を行いました。

地震及び津波を想定した訓練です。
小中学校では、緊急地震速報を受信し、安全行動(Dorp・Cover・HoldOn)をとった後、グラウンドに1次避難。保育園児が合流したところで2次避難所である「いこいの村」を目指しました。(今回は山の入り口まで)

これまでは中学校には各教室に生徒個々のヘルメットが常備されていましたが、今回の避難訓練に合わせて小学校に配置しました。
小学生はヘルメットをかぶっての初めての避難です。
Dscn6364
2次避難所に向かう道では中学生が自然と保育園児の手を引き、サポートをします。
松ヶ崎小中の児童生徒においてはすでに当たり前の姿ですが、全員が無言で真剣に取り組んでくれました。
Dscn6370
保育園児もお昼寝の後だったそうですが、一生懸命に避難することができました。
Dscn6374   
避難後、小中学生の代表が1人ずつ感想を述べてくれました。それぞれ、今回の訓練を通して不十分だったところを見つけてくれたようです。
Img_3740_20211026072601
教室に戻って振り返り活動です。「実際に地震・津波が起きたとき、どうしたらよいのか…」今回の訓練を通して、改善すべきところはどこかを真剣に議論しました。

災害はいつやってくるかわかりません。「これで大丈夫」と油断することなく、最も良い避難の在り方を今後も検討していきます。

|

« 道路工事見学に行ってきました | トップページ | 情報モラル教育講演会 »